埼玉のシングルファーザー奮闘記

子供と楽しむsingle life!

発達障害ADHDをもっと世間に認知して貰う為に…

   

こんばんは( ̄・ω・ ̄)
 
 
今夜はストラテラ投薬の経過ではなく、約一年前に自分が受け入れた〝発達障害/ADHD〟について自分なりの一年を振り返りたいと思います( ̄・ω・ ̄)
 
 

ADHDを受け入れる事こそが療養の第一歩

 
 
まずうちは自分自身が医療従事者なので、最短でその事実と向き合い最短距離を突き進む覚悟で子供を解放してあげようとしました。
 
 
校長、担任、主治医、ケースワーカー、心理士、教育委員会
 
そして自分
 
 
全てが我が子の味方になる様に、昨年12月から4月までの期間この発達障害ADHDを一番に動いて来ました。
 
 
 
結果はどうでしたでしょうか?
 
 
昨年一年間コミュニケーションがうまく取れない担任から差別・虐めにあい、
 
 

〝死にたい…〟

 
 
とまで言っていた我が子( ̄・ω・ ̄)
 
 
自分が護らなければと必死に動き、年明けにはストラテラを投与
 
 
現在今日までで263日
 
 
ストラテラの恩恵もあり、頭の中をスッキリ整理し、担任も代わり今では書字障害/LDの影響も昨年度と比べ、格段に改善しました。
まだ、やはり字が得意ではないのも残ってますが、算数はほぼ100点ですし、
 

〝ADHDの子供にとって環境の変化こそが薬以上に効く〟

んだなと、思っております。
 
 
まずは保護者が受け止めて、本人を見捨てずしっかりと見守る重要性、そして対処の重要性を感じました!
 
 
 
最近どっかで発達障害のお子さんが教師に虐められ無くなる事件がありましたよね?
 
 
ですから保護者から見えない教室での虐めなど、その辺りのフォロワーはしてあげないといけないと思います。
 
 
 
今は親も発達の素因持ってる事もあり、更にそれを認知していなかったり、子供の発達障害の疑い段階で受け止めきれず拒絶してしまう保護者も多いんですよね。
 
 
クラスの半数は発達障害の素因があり、その中の更に1/4程度は投薬を必要とする子と言われてます。
 
 
まず、親がしっかりと発達障害を理解し、親と子、その二人三脚での対応
 
これが大事ですよね!
 
 

ADHDに投薬は必要か!?

 
 
次に〝ADHDに投薬は必要か!?〟
 
 
この部分はナーバスな問題なので、あくまで自分個人の意見を結論から述べますと
 

〝投薬は必要不可欠!〟

 
 
その様に思っております。
 
 
 

ストラテラ投薬のメリット

 
 
上記のメリットの理由としましては、薬は確かに副作用もあり飲ませる事だけが正解ではないも思います。
 
 
 
ですが、うちのケースを挙げると

  • 多動の軽減
  • 会話の理解度の向上
  • それに伴うコミュニケーションの向上
  • 書字障害の改善
  • 彼女が出来る

 
 
すみません、最後は蛇足ですね!
 
ストラテラを飲んで彼女が出来るなら私も飲みますw
 
 
一応二年生の息子に彼女は今居て、更に他の子からもアプローチとか…
 
 
ちょっと話がわかりづらいと思いますが、これって全て…

〝コミュニケーションが取れる様になった証拠〟

 
 
なんですよね!
 
 
 
ストラテラを飲む事で脳内が整理され、話を聞いて理解する事が出来る様ににり、理解できる事で頭の中の想いを言葉にする事が出来る様になり、相手にその想いが伝わった事での成功事例なんだと思います!
 
 
これだけで私にとっては大きな収穫でした!
 
 
まずコミュニケーションが周りと取れない。
 
 
生まれてから投薬まで、恐らくこの子とコミュニケーションが取れ、信頼関係が築けてたのって私だけだと思うんですよね!
 
 
 
それが他の人とも取れる様になったのは本当大きな収穫だったと思います。
 
 
 

ストラテラの副作用最大の難関

 
 
ここまでストラテラのメリットだけを挙げて来ましたが、ここからはデメリットも挙げていきます!
 
 
一番私が悩んだのは…
 

〝食欲不振からの体重の現象〟

 
 
これは投薬前の説明段階で言われてた事なんですが、なぜ食欲が落ちてしまうのか…この部分の説明は結構濁されるんですよね…( ̄・ω・ ̄)
 
 
 
然し乍ら物事には必ず原因があると思い、Facebook、Instagram、Twitterを駆使し、私片っ端からストラテラ飲んでる方に質問したんですよね!
 
 
中には今この記事を読んでくれてる方に質問受けたなって方居ると思いますw
 
あの時500人くらいに聴いてますから(^_^;)
 
 
この食欲不振ですが、
私の出した結論は

〝口内の乾き、唾液の分泌不良からくる口腔粘膜の荒れ、それに伴う味覚障害〟

 
 
でした。
 
 
実際にうちの子もガッツリ食欲不振に陥りかなり絞られてしまい今ではEXILEのメンバーみたいな細マッチョになってしまいました…
 
 
多動である事が幸か不幸か筋肉だけは維持したのも一因ですが、とにかく減少の歯止めの為に本人が好きな食べ物を与え、食べ物の味付けをそれ以前より濃い味付けにし少しでも食べて貰えるように工夫し、投薬3ヶ月以内には体重も下げ止まりし今に至ります。
 
 
料理の味付けが濃いんじゃないの?濃い味付けは良くない!と叩かれもしましたが…、味付けを濃くした理由はこの味覚障害の子を優先した事からなんですね( ̄・ω・ ̄)
 
 
目立つ副作用はこれくらいですね!
 
 
眠くなる!なんて症例もあるとよく言われますが、これ私と主治医の共通見解で
 
 

〝授業がつまらないから眠くなるんだよ!〟

 
 
大人だってそうですよね?
つまらないと眠くなりますよね?
 
 
それと一緒なんです。
 
 
発達障害の子、ADHDの子、LDの子
 
 
その子達がしっかりと理解し、興味付が出来てる授業なら眠くならないんですよ!
 
解らない子を切り捨てるスタイルの授業だから解らないまま放置され眠くなるんですよ。
 
 
現に今年担任が代わっていこう一切なくなりました。
 
 
ものはやり様なんですよね!
 
 
 

無作用ポイント:注意欠損はストラテラでは治らない!?

 
 
 
ちょっと長くなってしまったので簡潔に今後の課題点と、ストラテラの無作用ポイントを挙げていきます。
 
 
ストラテラで〝注意欠損多動性障害〟、ADHDの日本語名ですが、後者の〝多動〟は治るんですよ多動は…
 
 
落ち着いて宿題に向かう事も出来る様になりました。
 
 
が、前者の注意欠損はほぼ治ってない様に思えます。
 
 
そして〝衝動性〟と重なりとんでもない失態もやらかします。
 
 
ダメと言われたことも、注意が欠損してますから衝動的にやってしまうんです。
 
 
直近では勝手にカキ氷が食べたいと…
でも秋も冷え込みが増して来た今、我家に氷はありませんでした…
 
 
何故か…何故なのか…
 
 
氷無しで遊んだ結果ザックリ指切りました…( ̄・ω・ ̄)
 
 
以前だとなんで手摺りを鉄棒に見立てて廻った?ですよ…床に頭部強打からの後頭部縫う大怪我…血塗れで帰宅した息子に驚愕しました( ̄・ω・ ̄)
 
 
 
この部分は主治医と相談し、一度コンサータを使用してみようかと思ってます。
 
ドーパミンの分泌をストラテラよりガツンとしてくれるコンサータが果たして息子に如何程の作用を催すか些か未知数ではありますが、やらないで今を維持するのか、はたまた息子により一層の過ごしやすい環境をプレゼントする為にチャレンジするか…
 
 
来月の受診時に主治医とよく相談し、症状を見てもらい判断したいと思います。
 
 
 
最後に
 
 
 
ストラテラ…
 
 
 
高いです…
 
 
 
一粒でたけのこの里買えます( ̄・ω・ ̄)
 
 
 
発達障害が特定疾患扱いで医療費とお薬代…無料にならないかな?なんて考えてしまいますね( ̄・ω・ ̄)
 
 

追記

 
発達障害を理解する上で私が一番解りやすくお世話になったのがこちらです!

 - ADHD, ひとり親, 内科,小児科, 医療, 発達障害 , , , , , ,